趙立堅が本末転倒、米中協議が敵対的に始まったことを米国のせいに

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

米中ハイレベル戦略対話、開会の挨拶で白熱した議論が展開した

これに対し、中国外交部の趙立堅報道官はこれは、米国の約束違反によるもの

挑発が先にあり、炎上して劇場的な開幕になった、と発言した

それは中国側の本来の意図ではなかったと述べた

米中ハイレベル対話オープニングセッションでの激しい言葉の応酬を受け

19日の定例記者会見で、外交部の趙立堅報道官が答えた

そもそも米国が挑発した結果だと指摘

これは、米国側が会談時間に関する事前合意の不履行により

そもそも挑発したのは米国であり

論争を先に引き起こした

冒頭の挨拶の時に最初から双方は火薬と劇場の様相を呈していた

これは中国側の思惑ではない

開始から火薬と劇場の様相を呈すハイレベル対話は双方の期待に応えられるのか

米中関係の今後の発展について本紙の質問に、趙立堅報道官は次のように語った

中国は好意的かつ建設的な態度で参加し、この対話は双方のコミュニケーションを深め

相違を管理制御し、協力を拡大する良い機会と思った

冒頭の挨拶は前菜に過ぎない、その後の公式会談がメインイベントだ

中国代表団のメンバーがアラスカに到着した時、寒いアラスカの気候を感じただけでなく、米国ホストのホスピタリティも感じた

今回の冒頭の挨拶は前菜に過ぎない

その後がメインディッシュだ

それがメインだ

また、現地時間19日には、米中双方が

戦略的ハイレベル対話の第3回会合を開催

趙立堅報道官は、この後の非公開協議に期待を寄せている

双方が十分にコミュニケーションをとり、交流し

両国首脳の(旧暦)大晦日の呼びかけ時の精神で協調性を重視し相違を管理制御する

対話を通じて米中関係の進展が軌道に戻るだろう

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0322J138fd

+5
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments