コロナ、人類史上最強の経済兵器

【日本东京方舟农场】記事編集:风花雪月 校正:ReiHaru(黎明)

<コロナ、最強の経済武器>

人類史上最強の殺傷力を持つ兵器は経済武器と言える。生物戦争及び武力戦争そして経済戦と情報戦、何れも経済戦と密接な関係を持っており、すべて経済の要素が含まれている。

例えば今回の生物兵器が引き起こしたコロナ戦争を見てみよう。米国では、すでに50万人が命を落とし、莫大な経済被害及び損失を被っていたのは明らかだとしている。パンデミックにより落ち込んだ景気を回復させる為、米国政府は既に7兆ドルを投入した。国民一人当たり約19,000ドルに相当し、一世帯当たり約8万ドルにもなる。これは、我々が負わされた借金とも言えるのだ。借金を返済するのは結局国民に転嫁することになるが、今現在国民は国からの給付金の金額ばかり気にかけている。コロナ禍だけでなく、我々は中国共産党からの経済武器の攻撃を受け、完全に台無しにされたのではないだろうか。

特に言及したいのは、この数字は政府が公式発表した数字だけの為、実際にはどこまで及んだのか計り知れないことだろう。人類史上最強の殺傷力を持つ経済兵器に直面した私たちにとってこの兵器の与える影響力は、どれほど甚大か想像も付かないのだ。

<超限戦、中国共産党が世界を牛耳る戦略思想>

良く耳にすることがあると思うが、スティーブン氏は、これら全ての始末を「超限戦」という中国共産党が書いた本の中で解釈されたと述べている。この本では、金融戦争、密輸戦争、文化戦争、麻薬戦争に言及しており、中共にとって最重要なのは、経済面である。この本は1999年に出版され、当時の中共国の経済規模は米国の十分の一しかなかった。しかし今現在、米国を追い越す時期が目前に迫っている。挙げ句の果てに彼らは、意図的にパンデミックを引き起こし、もはや目標を達成できたと言えるのではないだろうか。

参考链接:https://gtv.org/video/id=605750d5d1608d609ea69b55

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments