米国防副長官「中共国の軍拡は地域の平和と安定を脅かす」

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

今日は国防省で軍事競争相手に対し、テクノロジーとイノベーションの優位性が持続するように行われている決定と行動に関して、話したいと思う

そして、オースティン長官と私は中共国は米軍にとって差し迫った脅威であると確信している

従って、私はこれに焦点を当て、発言する

戦略的競争は21世紀の決定的な特徴である

この競争は必然的或いは回避不能なものではない

だが、間違いなく予測可能である

1997年、国防省は4年間1回の防衛評価で目下、米国は世界で唯一の超大国でそして1997年から2015年までこの状態維持が期待されているだろう

だが、地域大国或いは同等の競争相手が浮上してくる可能性は2015年以降ずっと続くその後、この文書にはロシアと中共国はそのような競争相手になる潜在力を持っていると指摘した

過去数十年の間、数期の政権を経て米中の経済安全保障と政府管理の分野に巡る相違はより多くの注目を集めてきた

オバマ政権で国防省は他の国家安全保障機関と協力しリバランス、またはアジアへの転換と呼ばれる取り組みを行った

最近、私が参加していた2018年の国防戦略及び2019年の国防戦略委員会で

人民解放軍の能力増強が強調された、次第に両党が国防挑戦についての合意に助力された

北京側は既に軍事増強の決意と冒険的な意欲を示した

そして、インド太平洋地域に対し更なる脅迫的且つ攻撃的な行動を取った

2020年に限って、北京は一連の問題で多数の近隣諸国との緊張関係を強めた

オーストラリア、日本、ベトナム、フィリピンが含まれる

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0323J152fd

+2
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments