【ニュース宅急便】H&Mグループ、「新疆綿」調達停止との声明を発表

中国語訳:ヒマラヤ東京櫻花団 / Porsche

和訳:ヒマラヤ東京櫻花団 / 旭鵬(文鵬)

画像リンク

H&Mグループは、新疆ウイグル自治区の少数民族に対する強制労働や差別を含む民間組織やメディアから指摘や報道に深い関心を持っている。弊社は、国や地域を問わず、サプライチェーンの中でいかなる形の強制労働を厳しく禁じている。もし我々のサプライヤーで強制労働の存在を発見・確認した場合、我々は速やか行動を起こし、最終的な結果としては、業務関係を終了することを厭わない。我々はすべてのダイレクト・サプライヤーと持続可能な発展の約束に署名している。弊社の業務とサプライチェーンにおける労働と宗教または人種に関する差別に対する態度を明確にしている。弊社は多様なグローバルサプライチェーンを持っており、全世界の製造工場1,700社以上にのぼる。160万人の従業員を雇用し、さらに多くの工場が我々のサプライチェーンを成している。弊社は人権を尊重することに力を尽くしているが、国連の「商業と人権指導原則」と経済協力機構の「責任を負う商業行為準則」に準じている。

H&Mグループは現在、80以上の国々でおいて、小売と調達を展開している。グローバル企業として、すべての市場の監督枠組みと期待に応えなければならない。弊社は人権や環境に関する強制デューディリジェンスや貿易や輸入法規や慣例に関する更新など、絶えず変わっている法律にも注目している。すべてのサプライヤーと緊密かつ責任あるパートナーシップを築き、当社の営業所コミュニティの成長と発展に貢献することが、当社のビジネス成功の礎となっている。

デューディリジェンスについて

弊社はシステム的にデューディリジェンスを行い、我々のサプライチェーンにおけるあらゆるリスクを識別し、解決することを目指している。実行可能かつ効果的なデューディリジェンスには、会社、業界、政府レベルで透明かつ誠実な方法で協力と参加が必要である。H&Mグループは「道徳貿易イニシアティブ」(ETI)のメンバーであり、ETIは、会社、労働組合、非政府組織からなる連合体であり、世界的に労働者の権利を尊重することを目的として、我々はETIのポジション・ステートメントの分析と提案を期待している。

新疆ウイグル自治区に関して

弊社は新疆ウイグル自治区にあるアパレル製造工場と協力していない。また、この地域から製品の購入もしていない。公開されたサプライヤーリストでは、製造工場と紡糸メーカーの名前と場所を隠さずに公開し、引き続き、全世界のサプライチェーンの透明性を高めていくことを推進する。

その外、弊社はまた、協力している中共国のアパレル製造工場のすべてについて調査を行い、労働者の雇用が我々の持続可能な発展のコミットメントに合致することを確保することを目的として、当社の雇用ガイドラインを遵守する。専門家と他の利害関係者と協力して、更にデューディリジェンスを強化し、いかなる状況にも責任を持って対処する。

新疆ウイグル自治区は中共国最大の綿花生産地で、これまでのところ、我々のサプライヤーはこの地区から「より良い綿花提案」(BRI=Better Cotton Initiative)に該当する農場から綿花を調達している。この地域で信頼できるデューディリジェンスが難しくなっているため、BRIは新疆ウイグル自治区におけるBRI綿花のライセンス発給を一時停止することを決めた。これにより、弊社生産用の綿はもうそこから調達されることはない。最後に、弊社は引き続き業界とサプライチェーンのパートナーと協力して、綿花のトレーサビリティーをさらに強化していく。

リンク:

Bloomberg

中国語訳

この記事は著者の意見であり、GNewsとは関係ありません

校正:ヒマラヤ東京櫻花団 / 然小哥
責任編集:ヒマラヤ東京櫻花団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京櫻花団 / 煙火1095

0323J171fe

+6
1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
xiaobei
17 days ago

让中国出口的产品越来越少,掐住ccp的输血管。

0