米国の法律が米国の取引所から企業を上場廃止すると脅迫しているため、中国のハイテク株が大暴落

yandex

キーポイント

  • 一部の企業が米国証券取引所から上場廃止になる可能性があることへの懸念が再浮上したため、香港で取引されている主要な二重上場の中国テクノロジー株が木曜日に打撃を受けた。
  • 水曜日に、米国証券取引委員会(SEC)は、外国企業責任法(Holding Foreign Companies Accountable Act)と呼ばれる法律を採択しました。
  • アリババは香港時間の午後1時4分時点で4%以上下落し、バイドゥは8%以上下落し、JD.comは4%以上下落し、ネットイーズは3%近く下落しました。

広州·中国—香港で取引されている主要な二重上場の中国のテクノロジー株は、一部の企業が米国で上場廃止になる可能性があるという懸念の中で木曜日に打撃を受けました

米国上場の中国のハイテク株の香港株は急落した。アリババは香港時間午後1時4分に4%以上の下落、バイドゥ(Baidu)は8%以上の暴落、JD.comは4%以上の下落、ネットイースは3%近くの下落となりました。

それは 米国証券取引委員会(SEC)が、ドナルド・トランプ前大統領の政権が成立させた「外国企業説明責任法(Holding Foreign Companies Accountable Act)」という法律を採択した翌日のことです。

SECが特定されたある企業は、米国の監視機関による監査が必要となるます。これらの企業は、外国の司法管轄権下にある政府機関によって所有または支配されていないことを証明するために、一定の書類を提出する必要があります。

水曜日SECによりますと、中国共産党の幹部である各取締役の名前を挙げなければならないと

米国の規制当局は、その規則に違反する証券の取引を停止する可能性があります。

中国のテクノロジー企業は、海外の上場廃止の脅威からの圧力にさらされているだけでなく、国内での規制強化への懸念もあります。北京は、巨大テクノロジー企業の力を抑制し、金融テクノロジーから電子商取引までの分野で新しいルールを確立しようとしています。

中国政府の取り締まりは、大富豪であるジャック・マー(馬曇)氏の帝国に始まり、アント・グループの大規模な新規株式公開の中止などがありましたが、北京のターゲットはアントにとどまらない可能性があることがわかってきました。

ロイターは今週、テンセント(Tencent)の創設者である馬化騰氏が中国の反トラスト当局と面会したと報じました。テンセントは香港にしか上場しておらず、香港時間の午後1時17分頃、同社の株価は2%以上下落しています。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンク:https://www.cnbc.com/2021/03/25/chinese-tech-stocks-fall-as-us-sec-begins-law-aimed-at-delisting.html

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments