中共の無規制な遺伝子編集や人工知能技術を阻止すべき

【日本东京方舟农场】記事編集:风花雪月 校正:ReiHaru(黎明)

「AI」、「人工知能」、「遺伝子編集」、「バイオテクノロジー」これらの言葉は一見して、技術の高速発展や憧れる未来という素晴らしさを共感させるかの様に思いますが、ひとたび悪用されると絶望的未来を齎すことにも十分なり得ます。「水能载舟,亦能覆舟」(和訳:水は船を浮かばせる事もできるが、同時に船を転覆させることもできる」、まさにそのとおりです。中国共産党がこれらの先進技術を利用して世界へ何を齎したのか、武漢ウイルス研究所で何を作ったのか。過去数年の発展を次々と遡る程、中共の邪悪な野望や下心が見えてくることでしょう。

人工知能がそれを取り巻く技術及び遺伝子関連技術と統合されるに伴い、我々の未来の生活に影響を与えるだけでなく、軍事力、経済にも影響を与えます。それを防ぐ為に今の内に中共を阻止しなければ我々が迎えるのは絶望的な未来しかありません。

バイデン政府は中共を阻止するかどうかについて、正直に言うとはっきりしていません。阻止する動機がなければ、いくら自分を正義の立場に置いても動かないと考えられます。技術移転や知的財産権侵害といった問題は一つの手口にすぎず、現在その見通しは難しいとしか言えません。もし中共が彼らの目標を達成することになれば、ウォール街や大学を築いたのものとなり、この世はもう終わりと言っても過言ではないでしょう。

現在、我々のリーダーシップはただ無駄になっています。なぜなら、我々はこれらの分野の脅威を認識していないから。この脅威の存在を認識するには、ウォール街の権力濫用及び米国企業等の人権侵害行為にも注意を喚起し、更に米国の大学やその他の分野にも関心を持つよう呼びかけるべきです。言い換えれば、中共が脅威であることを認識することです。これは米国乃至全世界にとって極めて危険な境遇であり、我々の地位を危機に陥れてしまうと言えよう。

参考链接:https://gtv.org/video/id=605b06bfd1608d609ea7488f

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments