武漢バイオン研究所関係者「コロナウイルスの逆遺伝研究をした」

【日本东京方舟农场】作者:风花雪月    校对:kikkou文郎

武漢バイオ研究所の関係者である王林発氏は個人インタビューを受け、ウイルスを「作ろうとした」と語った。

王林発氏は「武漢バイオ研究所と協力し、コウモリからウイルスのゲノム配列を取得し、ウイルスを培養する為、逆遺伝研究を行った」と述べた。逆遺伝研究を行った理由として、王林発氏は「ウイルスを少しでも変異させたい、感染力や毒性がより強くなるかどうかを調べる」と説明した。

王林発氏は「バットマン」とも呼ばれ、デューク大学シンガポール医学プロジェクトの世界的に有名な研究者として知られている。コウモリウイルスの研究に関して、武漢バイオ研究所と密接な協力関係を持つという。

参考链接:https://gnews.org/1006038/

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments