ジーナ・ライモンド商務長官:米国は中国に対抗するための戦略を練っている

washingtonpost.com

ジーナ・ライモンドが商務長官に就任して1か月も経たないうちに彼女が注意を払わなければならないことが次々と出てきました。その中には、数か月遅れた2020年国勢調査、トランプ政権が中国との間で始めた貿易戦争などがあります。

今、バイデン政権は戦いを続けるのか、それとも終わらせるのかを考えなければなりません。バイデン大統領は木曜日、就任以来の最初の記者会見で、中国は「世界を主導的な国」になることを目標にしていると、バイデン大統領は木曜日、就任後初の記者会見で語ったが、「私の目の前でそれが起こることはない」と述べた。

ライモンド氏は、バイデン政権の発足により、米国と北京の関係が新たな局面を迎えたと語る。

ライモンド氏はAll Things Considered誌のインタビューで、「中国への対応や関税全般に対する行き当たりばったりのアプローチの末路を見たことになる」と語っています。

現在、バイデン大統領は、「米国の労働者を保護し、米国企業の競争条件を整え、率直に言って、我々の安全と繁栄、そして我々の価値観を脅かしている中国に反発する方法について、全体的な戦略を練る」ことに集中しているという。

「私たちは中国からの脅威をはっきりと認識し、準備ができています」と彼女は言います。

現在の貿易戦争では、中国からの鉄鋼やアルミニウムに対する関税の引き上げが行われており、これらの産業に属する米国企業にとっては有利な状況となっています。

しかし、他のアメリカの製造業者 たとえばワールプール(Whirlpoo)やハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)は、関税にようってコストを上げて利益を減らしたと不満を述べているとライモンドは認めている。

「多くの自動車メーカーや消費企業から、より困難になっていると聞いています」と彼女は言い、それら原材料を使用する米国企業を支援するために、関税の除外を許可するプロセスを検討する予定であると付け加えました。

ライモンドが焦点を当てているもう1つの分野は技術であり、中国の行動が米国の国家および経済的な安全保障を脅かすかということです。これに対抗する方法は、自国への投資を増やすことだとライモンドは言います。例えば、半導体は米国が遅れをとっている分野のひとつです。ライモンドは「米国内での製造業と米国内での技術にもっと投資する必要があります」と述べています

ライモンドがバイデン政権の「決定的な特徴」と呼ぶ中国と競争するために、米国はまた、トランプ政権の間に壊れた同盟国との関係を修復する必要があるだろうと彼女は言います。

ライモンドは、「トランプ大統領が一部の同盟国を遠ざけてしまったことによるダメージを甘く見ることはできません」と語ります。

商務長官は、就任後の数週間、欧州、カナダ、メキシコの担当者と話し合ってきました。

「彼らはメッセージを広く開いている これはアメリカにとって新しい日になる。それに米国は彼らとの同盟関係を新たにしたいという」彼女が言う。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンク:https://www.npr.org/2021/03/25/981361174/commerce-secretary-gina-raimondo-u-s-devising-strategy-to-push-back-on-china

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments