バイデン政権の対中政策の転換時期は迫っている

【日本东京方舟农场】 記事編集:风花雪月   校正:Reiharu(黎明)

トランプ政権は、2017年の国家安全保障戦略において、中国を米国及び米国民にとって最も重要な戦略的脅威と位置付けてきました。バイデン政権の対中政策はそれを継続するのかについてジャック・キーン将軍が意見を述べました。本記事は、ジャック・キーン将軍の述べた内容を参照し編集した記事です。

<中共の狙い、世界の支配権>

 習主席を初めてとして打ち出した戦略的・地域的目標はすでに明らかになっており、米国及びと同盟国を犠牲にしてインド太平洋地域を支配し、最終的には世界を支配するという新たな国際秩序の構築が狙いと考えられています。これは単なる空語ではなく、「一帯一路」等といった大規模なインフラ整備を通して、巨額の債務によって相手国を中国の影響下に置く「債務のわな」がよく批判されています。習近平は、毛沢東以来、最も急進的なお且つ野心的で、冷酷な指導者と言えるのではないでしょうか。

<バイデン政権の現在>

 しかし、バイデン政権が今まで行ってきた事を見ると、中国の野心を理解しているのが分かります。関税や制裁等と言ったトランプ大統領の政策をそのまま継続していますし、更に24人の中共幹部に対する制裁も強化されております。これらの幹部は、全員香港の民主主義と法の支配を損なう新法の導入に関与してきた人物です。ご覧の通り、あらゆる行動において、オバマとバイデン政権の8年間に中国を大目に見た政策とは真逆の事をやってきました。

<国民が変わった>

 2つ目のポイントは、アメリカの安全保障に対して、アメリカ国民も中国が自分たちにとっての最大の脅威である事を受け入れたということです。これは、既に多くのアメリカ人の見解であると言われています。この力によって、新政権はきっと前進させられているのではないでしょうか。

参考链接:https://gtv.org/video/id=60606ea749339063d060cddc

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments