【ニュース宅急便】中共外交官がカナダを米国の「走狗」と非難

中国語訳:ヒマラヤ東京櫻花団 / Porsche
和訳:ヒマラヤ東京櫻花団 / 旭鵬(文鵬)


画像リンク

「坊や、君の最大の功績は、中共国とカナダの友好関係を破壊し、カナダをアメリカの走狗にしたことだよ。どら息子!!」リオデジャネイロの中共国総領事である李揚氏は、日曜日にツイートした。

その前の日、中共国が新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐる欧米の対北京制裁の対抗措置として、米国の国際宗教自由委員会の役員2名とカナダの議員1名に対する制裁を発表した。

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙によると、中共国による新たな制裁の対象となったのは、米国国際宗教自由委員会のゲイル・マンチン(Gayle Manchin)委員長と同副委員長のトニー・パーキンス(Tony Perkins)氏、カナダのマイケル・チョン(Michael Chong)議員、カナダ下院の国際人権小委員会のメンバーなどである。

しかし、米国は中共国の制裁を非難し、ブリンケン国務長官はツイッターで、「我々は中共国が、独立した党派を超えた米国国際宗教自由委員会のメンバー2人に対する制裁を非難する。新疆での深刻な人権侵害に対する批判を封じ込めようとする北京の試みは、より多く国際的な監督を招くだけだ。」

最近の記者会見で、トルドー首相は、中共が中共国にいるカナダ国民2人への処遇を非難し、「中共国は、これが2人のカナダ人だけの問題ではないことを理解する必要がある。法治に対する尊重、より幅広い西側諸国との関係、そして中共が行っている恣意的な拘束や強圧的な外交に関連しているのだ。」と述べた。

リンク:

ニュースソース(ANI NEWS)

中国語訳

この記事は著者の意見であり、GNewsとは関係ありません
校正:ヒマラヤ東京櫻花団 / 春雨绵绵
責任編集:ヒマラヤ東京櫻花団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京櫻花団 / 煙火1095

0331J211fe

+6
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments