状況証拠に基づく「中共ウイルス実験室起源説」、セリン博士断言

【日本东京方舟农场】 記事編集:风花雪月    記事校正:kikkou文郎

新型コロナウイルス感染蔓延の初期段階の発端は、「武漢ウイルス研究所」と「ワクチン研究所」の近所であることが明らかで、「ウイルスは研究所由来ではないかという状況証拠から推論」とゼリン博士は提唱した。

 「状況証拠と」は、犯行現場における指紋のようなものであり、犯人を特定する間接的証拠のことである。

 まず、武漢パンデミックが発生した初期段階に見てみよう。中国のソーシャルメディア等に公開された情報により、2020年1月中旬以前にウイルス感染症の治療を求めていた武漢人が既に存在していた、しかも当時の感染容疑者は、武漢の一部の特定住宅区の住民に集中した。この人々がウイルス感染症の治療法を問い合わせていたことから、当該住宅区は早期の感染所在地であると推測出来る。留意すべき事として当該住宅区は、武漢ウイルス研究所とワクチン研究所の間に位置し、どちらの研究所にも2~3kmぐらいの径内に位置している。

 また、ネット上で調べてみると、「武漢ウイルス研究所」と「ワクチン研究所」とは、密接な協力関係を保っていることが明らかにしているから、中共ウイルスは、決して自然発生して人間に感染したものではなく、武漢研究所から由来という説が最も打倒な考え方であろう。

参考网站:https://gtv.org/video/id=60669ed149339063d062007b

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments