クワッドネイビーがインド洋でフランス主導の訓練に参加

life.ru

インド、米国、日本、オーストラリアは、日米豪印戦略対話またはクワッドを構成しています。中国は2017年末に復活したクワッドに警戒している。

インド海軍は、中国が強化に向けて協調して努力している時期に、フランス、インド、米国、日本、オーストラリアが月曜日にインド洋東部地域(IOR)で複雑な海上訓練を開始し、海軍間の相互運用性を強化したと述べた。この時 中国が IORでの存在を強化するため努力をしている。2隻のインドの軍艦と長距離の海上哨戒機が初めて「LaPérouse」と呼ばれるフランス海軍主導の演習に参加しています。

インド、米国、日本、オーストラリアの4カ国で構成される「四辺形安全保障(Quad)」。中国は、2017年末に復活したクアッドに警戒心を抱いている。そして、4カ国が2019年にフォーラムを閣僚級に格上げしてから、北京の疑念は高まっている。

4月5日から7日までの3日間行われる演習には、ヘリコプターを搭載したインドの軍艦「INS Satpura」と「INS Kiltan」、ボーイング社の潜水艦ハンター機「P-8I」が参加しています。

この演習では、友好国海軍間の高いレベルの相乗効果、調整、相互運用性が発揮されると、インド海軍の報道官は月曜日に述べています。”インド海軍の演習参加は、海洋の自由を確保し、開放的で包括的なインド太平洋と規則に基づく国際秩序へのコミットメントを確保するという、友好国海軍との価値観の共有を示すものである」と、Vivek Madhwal司令官は述べている。

この多国間演習には、フランスから水陸両用強襲揚陸艦「トネール」とフリゲート艦「スルクーフ」、米海軍から水陸両用輸送ドック「USSサマセット」、オーストラリアからフリゲート艦「HMASアンザック」とタンカー「シリウス」、日本から駆逐艦「アケボノ」が参加しています。

「演習LaPérouseは、水上戦、対空戦、防空演習、武器発射演習、甲板間飛行作戦、戦術的操縦、洋上補給などのシーマンシップ・エボリューションなど、複雑で高度な海軍活動が行われます」と述べています。

昨年11月、海軍司令長官のカランビル.シン(Karamvir Singh)は、中国の野心を牽制するために海軍が監視を強化しているIORでは、「大国間の競争」が活発に展開されていると述べた。

「いっぽうIORは最も軍事化された地域の一つです。国際法の解釈が異なり、『グローバル・コモンズ』が『争われた海』に変わり、商業や貿易の自由な流れが脅かされるのではないかという懸念もあります」と海軍長官は述べています。

インド海軍は、志を同じくする国々との海軍訓練の実施から、インド洋諸国への働きかけまで、この地域で台頭する中国の野心を牽制し、南シナ海における北京のパワープレーをインド洋では再現できないという強いメッセージを発信することに重点を置いていると、Hindustan Timesは以前に報じています。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンクhttps://www.hindustantimes.com/india-news/quad-navies-join-france-led-drills-in-indian-ocean-101617621554810.html

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments