紛争と中国共産党のCOVID-19により、コンゴでは飢餓が記録的なレベルに達する

ジュネーブ(ロイター) コンゴ民主共和国では、紛争や中国共産党のCOVID-19で経済的影響などにより、人口の約3分の1にあたる、過去もっと多い2,730万人が深刻な飢餓に苦しんでいると国連が1日に発表しました。

この数字は、世界食糧計画(WFP)と国連食糧農業機関(FAO)の共同声明によりますと、コンゴは世界で最も多くの緊急食糧援助の国になりました。

紛争とパンデミック以外一方、最新の分析が以前の分析よりも多くの人々を対象としたため、その数も増加しました。

WFPの国別代表であるピーター・ムソコは、「今回、初めて大多数の人々を分析することができ、DRCにおける食糧不安の驚異的な規模の真相に迫ることができました」と語りました。

「この国は国民を養い、余剰分を輸出することができるはずです。子どもたちが空腹のまま眠りにつき、家族が丸一日食事を抜くような事態は避けなければなりません」と述べています。

最も被害が大きかった地域は、東部のイトゥリ州、北キブ州、南キブ州、タンガニーカ州、および中央のカサイ州であり、これらはすべて紛争の影響を受けています。

戦闘で家を追われた人々が戻ってきたら、作物が破壊されていた。ある人が 野生の根菜のタロイモやキャッサバを水で煮たものだけを食べて生きている。

民兵の暴力は、2003年に内戦が公式に終結したにもかかわらず、コンゴ、特にブルンジ、ルワンダ、ウガンダとの東部国境地帯で何十年も続いています。

飢えに苦しむ2,730万人のうち、約670万人が「緊急」段階にあり、これは飢饉前の最後の段階であり、統合食料安全保障段階分類(IPC)の分析で明らかになりました。

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンクhttps://www.reuters.com/article/congo-hunger/conflict-and-covid-19-drive-hunger-to-record-levels-in-congo-idUSL8N2LZ34I

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments