シリコンバレーは中国にとって「便利なバカ」だとピーター・ティール

rubic.us

億万長者のハイテク投資家ピーター・ティール氏は、シリコンバレーのリーダーたちが重要な技術を中国共産党にウトソーシングしたこと非難しました。

ティール氏は、マイク・ポンペオ元国務長官やロバート・オブライエン元国家安全保障顧問とともに、火曜日に開催された「中国に関するセミナー」に参加し、ハイテク業界の仲間たちは、アメリカの革新的な技術を圧政に移転することで、北京の利益のために「役に立つ馬鹿者」として行動していると述べました。ペイパルの創業者であるティールは、グーグルなどの企業が人工知能や顔認識技術を中国に輸出していることを指摘し、中国西部でのウイグル人虐殺を監督するためのツールであると述べました。

「これは、希望的観測の組み合わせです。中国共産党の第五列の協力者であり、役に立つ馬鹿者だ」とティール氏はシリコンバレーの管理者たちについて語った。”イデオロギーや人権などの観点から考えると、ただの深遠な人種差別主義だと言いたくなります。見た目が違うから、白人ではないから、同じ権利を持っていないと言っているようなものです。これはすごく間違っているのです」。

オブライエンは、中国国内での人権と政治的自由の取り締まりを無視しながら、米国の社会正義問題について「目覚めた」パイを説教したことで、シリコンバレーの指導者たちを偽善の罪で非難した。

「シリコンバレーでは、米国で起きていることについて、業界全体が非常によく理解しています」とオブライエンは述べました。「しかし、ウイグル人やチベット人に起きていること、香港の民主主義者に起きていること、台湾の先住民族がいる台湾に対する脅威などについては、あまり関心がありません。だから、シリコンバレーや産業界の人々の関心は、この国の進歩的な政治への関心よりも低いように思えるのです」。

テクノロジーについての問題は、米国企業が米国防総省との協力を拒否し、代わりに北京に中心になることも起因するとティールは言います。この問題を解決するためには、アメリカがもっと積極的に民間企業に中国市場からの撤退を迫る必要があるとティールは言います。

「Googleのような企業には、米軍ではなく、共産主義の中国とAIに取り組んでいることを訴える必要がある」とティールは言います。「また、中国でiPhoneを製造しているApple社に対しては、労働力を利用したサプライチェーン全体に大きな圧力をかけるべきだと思います。あちらでは労働法が適用されないのに、こちらでは適用されるなど、明らかにおかしな二重基準がありますが、それを徹底的に指摘する必要があります。サイバーセキュリティについては、私の知る限り、単純に混乱していると思います。」

中国との対立の大きな要素は、イデオロギーの争いだとポンペオ氏は言います。アメリカのハイテク産業を中国との競争に備えるだけでなく、中国共産党が行っている不正行為を「恥じ知らずの」ようにしなければならない、とポンペオは言います。

今後10年、20年、40年の間にどのような考え方が主流になるかで、最終的に誰が勝利するかがわかるでしょう。”大学のキャンパスであろうと、PTAの会合であろうと、国連であろうと、私たちは恥じることなくそのことについて話す必要があります」

Himalaya Moscow Katyusha (RU) 大内密探零零發

参考リンクhttps://freebeacon.com/national-security/peter-thiel-blasts-silicon-valleys-useful-idiots-for-selling-out-to-china/

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments