著名科学者Steven Quay博士の論文:新型コロナウイルスが実験室由来の確率99.8%

【日本大阪方舟农场】翻译:小李在大阪   校对:文拓

Steven Quay博士は論文を360本以上公開し、10,000回以上引用され、世界中の科学者の上位1%にランクインされている。さらに、87の米国特許を保有し、7つのFDA承認医薬品を発明した。

Steven Quay博士の論文の目的は、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の起源を分析することである。26の異なる独立した事実と証拠が体系的に検討され、最終的な結論は、SARS-CoV-2が実験室由来の確率は99.8%で、自然界由来の確率は0.2%だ。

論文では、SARS-CoV-2に関する公に入手可能な科学的証拠のみを取り上げた。

具体的には、事前確率は部分的にPeter Daszak博士らを含むWHO研究者の作業に基づいて設定した。事前確率では、人獣共通感染症からの感染確率を98.8%に設定し、実験室からの感染確率を1.2%に設定した。

さらに、26の異なる証拠集合を採用し、2019年12月の武漢ウイルス研究所の5人のCOVID患者の検体で見つかったアデノウイルスワクチン配列も分析した。

これらの証拠集合を評価した結果、新型コロナウイルスが人獣共通感染症からの感染確率は0.2%で、実験室からの感染確率は99.8%だ。該確率は、「合理的な疑いを超えた」という法的基準で要求される95%~98%の確率よりも高い。

参考网站:

1)https://zenodo.org/record/4477081#

2)https://zenodo.org/record/4477212#

3)https://www.youtube.com/watch?v=s0uzuTfKa1w&t=4s

4)https://gtv.org/video/id=601a0ab8f5b9e26ca9d75978

+1
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments