中共ウイルスには多くの未解読暗号コードが含まれている

作者:煙火1095/ヒマラヤ東京桜団

2021年2月12日は中華圏で最も重要視とされる祝祭日の春節である。この日、閻麗夢博士は「文貴看春晚」において中共ウイルスに関する質問などに応答をした。特に2021年、中共ウイルスはどうなるかについても、閻麗夢博士は非常に意義がある考えを示した。閻博士は現時点では中共政府を含め、各国政府は真に有効な対策が講じていないと指摘した。

また、中共ウイルスは実験室で手を加えられたため、自然なウイルスであることを前提として開発されたワクチンもリスクが大きいだろう。我々は中共ウイルスを完全に排除することはできない事を受け取り、ワクチンに過剰な期待をしないで頂きたい。

中共ウイルスのゲノムに隠されている暗号を解析することこそ、真に中共ウイルスの有効策と認識すべきであろう。「人類に残された時間は僅かだ」と閻麗夢のこの言葉はいつも頭の中に浮かぶ。

この記事は著者の意見であり、Gnewsとは関係ありません。

校正:Kana2020/ヒマラヤ東京桜団

HTS-03J-202102-008

+5
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments