中国共産党はイコール中国国民ではない

作者:煙火1095/ ヒマラヤ東京桜団

Miles Yuはインタビューに

中国共産党はイコール中国国民ではない。この言葉は自民党イコール日本国民ではないとのように当たり前のことを言っている感じがするかもしれないが、超限戦生物兵器で世界を攻撃した中共の悪行への理解が乏しい世の中、強調する意味は大いにある。

まず、中国共産党は秘密を守ることを規約に書かれた非常に厳密な組織だ。そして、マルクス·レーニン主義の思想を用い、政治·経済·文化などあらゆる分野で中国国民を騙し、脅かし、奴隷のようにこき使っている。世界工場と言われた中共国の国民は長時間労働がトップクラスにあるにも関わらず、9億の中国人の年収は50万円以下のままだ。 

奴隷扱いにされても、殆どの中国人は素直で平和を心から愛する人々だ。しかし、中共はナチスドイツなどで見られた政治警察や思想警察を使い、中共ウイルスを内部告発した李文亮医師のような善良な国民を迫害することが常態化している。 

中共ウイルスの被害を最も受けたのは中共国の国民である。平和を愛する中共国の国民は世界の国々と共に、中共の責任を徹底的に追求することを望んでおり、実際新中国連邦の建国を含めた実行までしている。中共や共産主義消滅後、真の千年の世界平和がやってくることを深く信じている。 

この記事は著者の意見であり、GNewsとは関係ありません。

校正:定於二尊/ヒマラヤ東京桜団

HTS-03J-202102-010

+4
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments