「台湾陥落」が「アジア赤化」をもたらすか

【日本东京方舟农场】記事編集:风花雪月 校正: kikkou文郎

2021年3月4日に、国際関係研究員のクレオ・パスカル氏(カリンガインド太平洋研究所の国際顧問委員会に所属)は、大紀元メディアからのインタビューを受け、「台湾陥落」がもたらす影響について意見を述べた。パスカル氏は、台湾の陥落によって、「周辺国も次々に陥落してしまう」と台湾の重要性を強調し、「台湾を守るべき」と述べた。

台湾の防御は即ちアメリカの防御だと考えられる。台湾が陥落したら「米国は最も親密な盟友でさえ守ることはできない」というメッセージが読み解かれる。それに応じ、フィリピン、マレーシア、インドネシアをはじめとする周辺国は、自ら単独で攻撃性の強い中共に直面せざるを得ない境遇に陥った為、遂にアジア全域も赤化(共産主義化)という懸念が高まると述べた。

参考链接:https://gtv.org/video/id=60472af077cd9a2ce802b220

0
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments