中共は、台湾に対してグレーゾーンウォーを採用している

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

これらは、中国大陸からの浚渫船と運搬船で

台湾が管理する馬祖海域に大量に押し寄せ

海底から大量の海砂を採取している

台湾沿岸警備隊によると

台湾は昨年、中国大陸の砂採取、輸送船を

4,000隻近く追放していた

その数は2019年に比べて560%も増加している

中共は台湾に対して

「グレーゾーン戦争」を仕掛けているようで

地元住民を不安にさせている

地元の住民の反応を見てみると

彼らは怖がっている

何故急に本土の浚渫船が

沢山集まってきて

何の目的で来たのかわからない

「グレーゾーン戦争」とは実際に戦争をせずに

型破りな戦術で敵のエネルギーを消耗させることを指す

台湾は砂を汲み上げるために国境を越えてくる大量の浚渫船や

海峡のセンターラインを何度も通過する中国の軍用機に何度も直面した

その脅威に対応し浚渫船や軍用機を駆除するには

多くのエネルギーと資金を消耗してきた

海砂は土木建築の主要な原料の一つである

中華民国自然生態保全協会の推定によると

中共国は毎日台湾近海から

10万トンの海砂を汲み上げており

過度に砂の汲み上げることは航路の安全性に影響を与え

海岸線の後退を引き起こし

海洋生態系に深刻なダメージを与えている

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0317C114fd

+3
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments