世界のトップワクチン専門家は、WHOに新型コロナウイルスワクチンの接種停止を緊急要請

作者:ヒマラヤ東京桜団日本語翻訳組

今週末に大きなことが発生した

少なくとも私はそう思う

ご自身で判断してください

このことを考慮するに当たって、最初から始めよう

ある世界的に有名なワクチン開発者は

リンクトインで世界の専門家(この分野)の各位に手紙を書いた

主に、(COVID-19)ワクチンを直ちに停止しなければならないことを伝える為だ

これはその手紙からの抜粋で、見てください

ウイルス学者及びワクチン学者として

唯一の例外は、保健当局が公衆衛生を脅かす方法でワクチンの投与を許可した場合

特に科学的証拠が無視された場合

今の非常事態に於いて、私はこの緊急な呼びかけを出したのだ

新型コロナウイルスパンデミックへの人為的関与が前例のないレベルに達した

従って、様々な規模の世界的な災難を引き起こす可能性がある

そのため、呼びかけはまだ十分に大きく、強く響いていない

彼は引き続きこう書いた

十分な科学的証拠が提示されている

残念ながら、実行力を持つ人らにはまだそれに触れていない

人々はいつまでこの問題を無視できるのか

今、大量の証拠はウイルス免疫逃避が人間を脅かしていることを明らかにした

知らなかった、或いは警告されていなかったとは言い逃れないだろう

この非常に心配で煩わしい手紙の中に

私は名誉と信頼をすべて惜しまなかった

貴殿方、人類の守護者として又少なくとも私と同じことをしてほしい

状況は差し迫っている

公開議論でも構わない

如何なるの方法で(この間違った)趨勢を逆転させるべきだ

彼は続けて

免責声明で以下を述べた

ある人々に理解しにくいかもしれない

集団ワクチン接種がどのように免疫逃避メカニズムの出現に至るか

感染力と罹患率を観察するだけで十分だ

僅か数週間で数百万人のワクチン接種に成功した国々では(英国、イスラエル、米国など)

这些国家/地区现在的传染率(虽然)正在下降

現在、感染率は低下している(が)

疑い無く、今後数週間、新型コロナウイルスの症例が悪化するだろう

急激な減少には一時的な停滞期を伴うかもしれないが

その後の重症化率の急増は避けられない

これは衝撃的な声明だ

理解しやすいように説明させてもらう

この方はワクチンを強く推進する人だ(彼すら立ち上がり反対するなんて…)

実は、彼は世界で最もランクが高く、最も才能のあるワクチン開発専門家だ

では、この男性の素晴らしい履歴書を見てみよう

Geert Vanden Bossche、博士

グラクソ・スミスクラインGSKバイオメディカル会社

「青少年ワクチンプロジェクト」ベテランのプロジェクトリーダー

新しいバイオテクノロジーワクチンの開発と品質管理-品質検査マネージャー

「支援技術の開発と代替提供」のプロジェクト監督

ノバルティスのワクチンと診断

彼は「リーダーとアジュバントリーダーの研究プログラム」の主任だ

ソルベイ生物学

インフルエンザワクチングローバルプロジェクト総監

ビル&メリンダ・ゲイツ財団

ワクチン開発、グローバル衛生上級開発専門官

ワクチンと予防接種のための世界同盟(GAVI)

プロジェクトマネージャ

国連ワクチン機構の研究開発総括

ドイツ感染症研究センター(DZIF)のワクチン開発研究室の責任者

会社VARECOの常務取締役

この記事は著者の意見であり、GNEWSとは関係ありません
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 煙火1095

0317C115fd

+4
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments