中国共産党は虚偽の情報を広め、軍を利用して手に負えなくなるまで真実を隠蔽しようとした

中国共産党は虚偽の情報を広め、軍を利用して手に負えなくなるまで真実を隠蔽しようとした

中国共産党は虚偽の情報を広め、軍を利用して手に負えなくなるまで真実を隠蔽しようとした
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その三)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その三)

中共の党史がそのナチス化思想を認め、ナチス・ドイツや現代文明ドイツと中共のナチス化の間にある「共通点」を見出そうとしていることは否定できない
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その2)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その2)

中共がグローバル支配のネオチスの侵略行為を発動し、世界が中共の超限戦生物兵器の攻撃下で延べ1.95億人の感染者数((2月20日迄)を出したにもかかわらず、未だに西側諸国は軍事的な反撃が見られないのだ
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その1)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その1)

中共の嘘は、イデオロギーやイデオロギーによって形成されたスローガンに隠されており、全ての理念が、その完全犯罪心理を隠すために提案されている
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例2制度の優位性(その二)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例2制度の優位性(その二)

超限戦生物兵器を使って攻撃するメリットというのは、中共がこの武器でまず自国民を攻撃(人体実験)、自国民が堪え忍んでくれるからだ。それから西側諸国を攻撃する。だから、西側諸国への打撃は中共自国より大きい
中国軍は少なくとも2017年から研究室で極秘の動物実験をしていた

中国軍は少なくとも2017年から研究室で極秘の動物実験をしていた

中国軍は少なくとも2017年から研究室で極秘の動物実験をしていた
台湾が将来の中共の肺炎インフルエンザ化に対応、対策薬を開発

台湾が将来の中共の肺炎インフルエンザ化に対応、対策薬を開発

台湾は、他の国と同様に、ワクチンを絶えず開発しているが、臨床検査基準は他の国よりも比較的厳格であり、また、流行予防の成功のために、比較的多くのケースの分析データの欠如は、他の先進国の援助を必要とし、共同開発は、プロセスが遅いので、また
【戰雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例2: 制度の優位性(その一)

【戰雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例2: 制度の優位性(その一)

1,新型コロナウイルスは実験室から世界に広がったという説に同意するか? 2,なぜもっと早く世界に警告しなかった?3,なぜ新型コロナウイルスを実験するのか?4,いつ海外の専門家が武漢に進駐させるのか?5,中国は世界にどう補償するか?
【戰雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例1:パリ協定(その三)

【戰雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例1:パリ協定(その三)

著者は各国の主要政治家に聞きたい、中共政権を倒さない限り、香港と中共国のP3・P4実験室にある冷凍庫には、西ナイルウイルスを含めた、様々なウイルスがある
【戰雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例1:パリ協定(その二)

【戰雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例1:パリ協定(その二)

それにもかかわらず、中共はグローバルリーダーになる為手段を選ばず、世界は「ゆでガエル現象」の真っ只中にあり、気がつくと反抗する気力がなくなっているのだ
中国共産党の悪しき本質 正月休み中も軍用機が台湾に嫌がらせ

中国共産党の悪しき本質 正月休み中も軍用機が台湾に嫌がらせ

台湾南西部空域」のファンページでは、今月11日間の空域進入を記録し、計20回の放送立ち退きが記録されています
米議員、中国共産党の侵略を阻止するために「台湾侵略防止法」再提案

米議員、中国共産党の侵略を阻止するために「台湾侵略防止法」再提案

台湾を中国共産党に侵略されないようにし、中国共産党に台湾との武力統一を放棄するよう要求し、台湾の安全保障を固め、自由貿易協定を結ぶ、米国と台湾の協力関係を多面的に強化し、必要に応じて台湾を防衛するために武力を行使することを米国の総統に認める
人々と政策立案者にはGNews/GTVのような真実を伝えるメディアが必要

人々と政策立案者にはGNews/GTVのような真実を伝えるメディアが必要

GTV/Gnewsは真実の暴露革命の声を伝えるプラットフォームであり、コロナウイルスの真実を報道している
中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例1:パリ協定(その一)

中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例1:パリ協定(その一)

本文では、完全犯罪理論の概要を少しだけ紹介するとともに、テキサス州の大規模な停電と「愛国者」が利用されたことについても触れていく
コロナウイルス、ミャンマーでのクーデターとアメリカ大統領選 世界を目覚めさせた

コロナウイルス、ミャンマーでのクーデターとアメリカ大統領選 世界を目覚めさせた

ミャンマーでの軍事クーデターを通じて、米国はどのように選択するのか?
必要なときに、繰返してこの方法を使うはずだ

必要なときに、繰返してこの方法を使うはずだ

必要なときに、繰返してこの方法を使うはずだ
モンタニエ教授「コロナウイルス実験室由来 HIV配列あり」

モンタニエ教授「コロナウイルス実験室由来 HIV配列あり」

フランスのモンタニエ教授は、2020年4月のフランスのテレビ局CNEWSとのインタビューで、コロナウイルスは実験室から来ており、HIV配列を含んでいると指摘
中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その四)

中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その四)

資本には善も悪もないが、人々の価値観を曖昧にし、利益にとらわれ悪の道に従順になり、完全無欠に見えるように強要された時に、誰もがこの点を認識することが本当に大切なのだ
中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その三)

中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その三)

中共の完全犯罪のもう一つの成功例は「党」と「国」の意味を混同させたことだ。中共統制下の庶民は、党への忠誠心が国へのものと同じだと信じ込まされた
中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その二)

中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その二)

中共は「3F」計画と「13579」計画、「BGY」計画等を通じて、世界各国の政治家や宗教指導者への買収と脅迫が成功した
中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その一)

中共ネオナチという武器はウイルスではなく「完全犯罪」理論だ(その一)

完全犯罪理論に裏打ちされ、中共は世界への攻撃に成功した。現在進行中の超限生物戦は、また中共にナチスという完全な烙印を押すことに成功した